北三友会合同安全パトロール【函館】

日時 平成30年6月27日(水)
場所 (工事)五稜郭機関区電車車庫屋根改良その他工事
元請 札建工業(株)
概要  屋根 カバ―ルーフ 1型 2,352㎡
施工班  藤村板金工業所
参加者 三晃金属工業 矢代支店長、藤掛所長、
 北三友会  千葉会長、八木田安全委員長、溝口青年部会長、
  (有)足立板金工作所、(有)二葉工業、渡辺板金工業、
  藤村板金工業所、(株)北日本ダイエイ、
  北海道ニスコ販売(株)、(株)ヤマキ小林、片山鉄建(株)

image01

【所見】

 今期3回目のパトロールは、函館です。今回もあいにくの雨となり、現場での屋根改修工事は行われていませんでした。パトロール後の報告として、屋根の勾配が2,5/10ときつい為、ロリップ等安全帯を掛けるための道具を使用して作業する事、建物の横に線路が有り汽車が通過するので、材料などの飛散防止、ハゼで手を切ることが無いように切創手袋の使用をお願いして終了。

ご安全に

平成30年度 三晃金属工業(株)北海道支店 安全大会を開催

三晃金属工業(株)北海道支店・北三友会
三晃金属工業(株)北海道支店安全大会が6月25日ANAクラウンプラザホテル札幌に於いて開催されました。
今年度は「危険予知!見えないところが見えてくる慣れた作業も再確認皆で目指そうゼロ災害」のスローガンを基に安全第一主義の徹底と安全施工活動の推進で取り組む。
矢代北海道支店長からは「昨年度は全国的に事故災害が非常に多く事態を重く受け止め会社として、分析や視察を行う。又、自分自身の安全と働く仲間へ注意を促し怪我が、発生した時は三晃担当者、並びに元請への報告。自分の判断で報告を怠り後に重大な災害になった時に労災認定されなかったり、認定隠しにならない様にし、このまま意識の高揚を高め一年間無事故無災害でお願いします』と挨拶した。
千葉会長は、『これから道内は繁忙期になり、人手不足の懸念と現場によってはスポット的に会員以外の応援援業者が入場するときは、災害ヒュウーマンエラー対策も含め各現場職長並びに三晃金属現場担当者の方々には気配りなど、ご協力をお願いしたい』と、語った。本社技術本部副本部長江口氏は『墜落転落災害防止対策ガイドライン』資料の説明『不安全行動をしている者への注意。安全に対する話を会議以外でも話し、今後当社ができる事は最大限支援していきたい。現場担当者は気を引き締めて業務に取り組んで頂きたい。』と語った。続いて全国三友会 会長 出口氏は、先日九州福岡で開催された青年部総会で墜落災害の原因に関する勉強会の内容と、鉄板での切創災害、熱中症、墜落転落災害が多発しているため安全器具を活用して欲しいとのお話が有り、この後、優良施工店5社、ルーフ・マイスター5名の施工評価制度表彰。坂口安全衛生副委員長の安全衛生管理方針。北三友会八木田安全委員長から平成30年度活動計画の報告。
安全講話はJAL広報・元国際キャビンアテンダント・モデル瀬川智代様より「空の上の安全と安心~もしも・・0,0009%えの備え」に、ついてお話頂き、大会参加者代表 北海道支店 工事課 岡村実氏が安全の誓いを述べ安全大会を終了した。

image01
<矢代執行役員北海道支店長> <江口取締役技術本部副本部長>

<北三友会 千葉会長>

image02
<瀬川 智代>   <全国三友会出口会長>   <表 彰 式>

平成30年度下期 ルーフマイスター

部会 氏名 会社名
北見 前田 博之 義晃 (株)松浦板金工業所
札幌 池田 聖紀 (有)谷板金工業
札幌 木島 幸博 (有)木島板金工業
旭川 船戸 恵 (株)平中板金
釧路 依田 雄介 (有)只野板金工業所

平成30年度下期優良施工店表彰

部会 会社名 氏名
札幌 ㈱ダイルーフ 大和田 直人
帯広 (株)赤川板金 赤川 政男
旭川 (有)宇治板金工業所 宇治 秀雄
北見 (有)中嶋板金店 日置 寿郎
函館 (有)双葉工業所 西田 諭彰

北三友会合同安全パトロール【札幌】

日時 平成30年6月13日(水)
場所 (株)LIXIL札幌 ハイタフ改修工事
元請 三晃金属工業(株)
概要 屋根 ハイタフ  24,621㎡
施工班 (有)三浦技研工業、(有)段坂板金工業、
参加者 三晃金属工業 坂口工事課長、藤田主任、柳谷所員
    北三友会 千葉会長、八木田安全委員長、
         溝口青年部会長、北海道ニスコ販売(株)

image01

【所見】
  今期2回目の合同パトロールは札幌で行われました。ハイタフ改修工事の現場です。
当日は雨のため作業は中止されていましたが、安全設備や品質チェックなどをしながらパトロールをしました。パトロール後の報告として、昇降用に足場が何基かありましたが、足場から屋根面に移る際の渡りが無いところが有り、是正するまで使用禁止にする事、屋根端部で作業する時は安全帯の完全使用、又、熱中症対策として、こまめな水分補給と体調管理に気を付けるようお願いして終了。

ご安全に