北三友会合同安全パトロール【帯広】

日時  平成30年 7月26日(木)
場所  本別町農協種子馬鈴薯貯蔵消毒施設新築工事
元請  萩原建設工業
概要  外壁長尺角波貼り(1,250㎡)
    屋根瓦棒断熱工法(1,150㎡) エックスロン(130㎡)
施工班 赤川板金㈱・他JV
参加者
 三晃金属工業 矢代支店長、坂口工事課長、
        川西課長、峰尾所長
 北三友会 千葉会長、赤川副会長、溝口青年部会長、
      米田会計、高島板金工業、三共板金、
      田中建築板金、帯広鋼板

image01

所見
今回のパトロール現場は倉庫の新築工事の現場です。
パトロール当日は帯広にしてはさほど熱くもない良い天気の日でした。
現場は外壁張りの作業が8割程完了しています。又 屋上はほぼ完了しており。
当日は、水上部の納めの施工中で本日中に完了の予定です。
パトロール後のミーテングで、外壁の残り部分の工事で今の足場では、施工しずらい場所が有るので検討する様に、又 妻面の施工時には屋上に上がる事もある為、屋根面えの渡りを増やしてもらう様に、又 建物と足場の隙間が大きい為落下防止ネットの設置も必要では。又 当地は道内有数の高温地域の為、熱中症対策は十分に取って頂く様、又 現場までの移動時間が長いので交通災害等も含め無災害で終了するように各自から、意見を頂き終了しました。この後、17:30分から、会場をホテルに移して帯広部会初めての安全衛生大会を帯広部会会員及び各社の社員も出席して開催されました。
大会では、千葉北三友会会長及び三晃金属の矢代支店長からそれぞれ挨拶をもらい、その後、技術本部 安全 工事総括課 安全管理課・課長 川西氏から「労災かくし」は犯罪です、をテーマに1時間半程安全講和を頂き赤川部会長の閉会の辞で終了ました。
この後、従業員も含め、懇親会を会場を移動して開催され終了致しました。

image02

北三友会は、現在無事故無災害で今年度は推移しております。
これも、皆様方の災害防止活動への御協力のおかげと感謝申し上げます。
道内は、これからが繁忙期に入ります、「人命尊重を最優先」し、常に安全第一で施工を進めて頂きます様お願いを申し上げます。

ご安全に 千葉

北三友会合同安全パトロール【釧路】

日時  平成30年 7月25日(水)

場所1 釧路サイロ 1期機会棟屋根外壁改修工事
          2期副原サイロ上屋屋根改修工事
元請  三ツ和エンジニアリング㈱
概要  折版S60 カバー工法  サイディングS貼り替え
施工班 工藤金属工業㈱

場所2 全酪連製品倉庫棟 屋根改修工事
元請  三ツ和エンジニアリング㈱
概要  丸馳折版Ⅰ型 カバー工法
施工班 工藤金属工業㈱

参加者
 三晃金属工業 矢代支店長、坂口工事課長、川西課長、
        中田所長
 北三友会 千葉会長、溝口青年部会長、工藤釧路部会長、
      石川板金㈱、㈲只野板金工業所、㈲出口板金店、
      溝口青年部会長、米田会計

image11

所見
今回のパトロールの現場は2ヶ所有ります。その内の一つ釧路サイロは現在足場の組み立て中で、板金工事はまだ始まっておりません。
今回は、既存工場の窓から改修予定の屋根を見る事が出来ましたが、サイロの上屋と言う事で、地上約50mとかなりの高さが有ります。
施工班には、完全な足場の設置後に施工して頂く様にお願いをして終わりました。
全酪連製品倉庫棟の現場は釧路サイロのすぐ近くで、現在折版のカバー工法で施工中で、工事も終わりに近く、棟の取付とケラバ包みが残っているぐらです。
足場上の作業が残っているので、安全帯の完全使用をお願いし、無災害で完遂する様にお願いをして、釧路のパトロールを終わりました。

ご安全に 千葉

北三友会合同安全パトロール【旭川】

日時 平成30年7月19日(木)
場所 旭川空港ビル(株)旅客ターミナルビル国際線増築工事
元請 荒谷・新井・廣野共同企業体
概要 外壁:角スパン1,072㎡ スパンドレル:274㎡ R-T104㎡
施工班 (有)市澤板金製作所、(有)渋谷板金工業、地研工業所

参加者
 三晃金属工業 矢代支店長、坂口工事課長、宮崎所長、
   横山主任、新井所員
 全国三友会 出口会長
 北三友会 千葉会長、八木田安全委員長、溝口青年部会長、
 (有)小池板金、(有)宇治板金工業所、(有)渋谷板金工業所、
 (株)赤川板金、(株)松嶋、大久保板金(有)、治研工業所、
 (有)堀口商会、(有)市澤板金製作所、北海道ニスコ販売(株)、
 帯広鋼板(株)、北海鋼機(株)

image01

<所見> 今回の合同パトロールは旭川地区です。例年旭川地区のパトロールは気温が高く、当日も30度と暑い日でした。現場では外壁角スパン貼り作業をしていました。パトロール後の報告として、飛行場の現場と言う事で、特に飛散物防止の徹底、外壁材を受け渡しの際、声がけをする事。熱中症対策として、作業員が空調ジャンバーを着用して作業をしていたので、感心しました。引き続き安全第一での作業をお願して終了。

ご安全に