令和元3年度 北三友会全体役員会(下期)報告書

日時 令和3年11月4日(木) PM2:00~
場所 ホテルニューオータニイン札幌
出席者 (北三友会)
千葉会長、八木田副会長、宇治副会長、赤川副会長
津島エックスロン会会長、前川事務局
阿部北見部会長、只野釧路部会長
小池旭川部会長、足立函館部会長
谷 札幌部会長、大和田青年部会長
(三晃金属工業㈱)
本社 技術本部工事総括部 眞子部長
北海道支店 雄鹿支店長、佐藤営業課長、片岡総括課主任
計16名

千葉会長挨拶

「2年ぶりの全体役員会となります、皆様御久し振りです。まず、今年1年も北三友会は、無事故、無災害で来ております事皆様に感謝いたします。
現在、各地域三友会はほとんどの活動を従来の形に戻しつつあります。従いまして北三友会としても本日の役員会を含め、全ての事業、行事、活動を再開して行きたいと思います。
帯広、北見部会ではすでに安全パトロール、工程会議、周知会が終わっています。
今後ほかの部会においても随時行っていくのでよろしくお願いいたします。
今後とも無事故、無災害で良い新年を迎えることが出来ますよう各会員末端までの周知徹底をお願いします。」と述べた。

議題

イ)令和4年度第63回定時総会概略説明 ㈱栗林商会栗林トラベル・サポート 田辺氏
第63回定時総会は令和4年3月8日(火)
札幌市内 ホテルニューオータニインにて行うことが了承された。
今回は定山渓温泉については、会場の確保が困難な事と、新型コロナウィルス感染防止上からも、通常時よりもコンパクトな形で実施する。又、総会翌日に行われていた青年部総会も当日の定時総会の前に行う。時間については、来賓のタイムスケジュールを考慮し、詳細を決定する。

ロ)令和3年度中間事業経過報告  赤川副会長、宇治副会長
諸活動についてほとんどが中止、もしくは書面議決。連合会会議は全てWEB会議であった。
共済会配当金については、直接手渡しする機会がないので、今回に限定し、次回の共済会費請求金額より相殺する。

ハ)令和3年度中間会計経過報告  前川事務局

ニ)会員の動向 前川事務局   入会 (株)屋根のナミキ、
脱会 ㈲段坂板金工業、佐藤板金、花板金工業

ホ)令和4年度事業計画案報告  赤川副会長
事業計画については会長挨拶にもあった通り、基本全て通常期の活動に戻し実施する。
但し、新型コロナウィルス感染状況の悪化見られた場合その都度三役会議にて協議する。

へ)令和4年度会計予算案報告  前川事務局
ほぼ2年間に渡り、事業活動が休止されていたため、繰越金が膨らんだ。来年度の会費についても徴収しなくても良いのではという意見もあったが、全ての活動を再開する事からも年会費を徴収する(但し、金額については半額程度に減額する)

ト)各部会報告  各部会長
釧路、函館部会を除き他の部会は概ね繁忙のさなかにある。特に札幌部会は非常事態となっているので、余力のある部会は是非応援を賜りたい。

チ)青年部会報告  大和田青年部会長
今期より前溝口会長に代わり大和田氏が新会長となった。新型コロナウィルスの影響で活動が制限されていたが、今後現場視察研修などを計画中である。

リ)エックスロン会報告  津島エックスロン会会長
新型コロナウィルスの影響でほとんど活動ができていない。来期は予定通りの活動を再開する予定である。

ヌ)その他
この度、長年に渡り会の発展にご尽力頂いた、㈲段坂板金工業社長が退会されるので、次回総会にて、感謝状を送呈する事を了解いただきたい。

懇談会

千葉会長挨拶
雄鹿北海道支店長
「三晃の概況は全体として期首予算よりプラスで推移している。北海道も概ね好況である。また本年は現在まで、無事故、無災害で推移しており、ぜひ皆様のご協力により継続して
頂きたい。現在札幌地区の現場が輻輳しており、ぜひ他地区からの応援をお願いしたい。

本社工事総括部 眞子部長
当地区は現在非常に忙しい状況にあることは聞いている。これから冬季に入り厳しい環境となって行くが、管理する我々社員も然りであるが、皆様方におかれても 今一度安全と品質管理についてお願いしたい、

懇談では、特にダンドリワーク、SC-5やKYの利用、報告について現材の状況や、要望について話合われた。

懇親会

PM5:00より同ホテルにて会食(弁当)した。

以上 文責 赤川政男