平成31年度 北三友会部会長以上役員会(上期)報告書

日時 平成31年4月24日(水)午後4:00~
場所 ANAクラウンプラザホテル札幌
出席者
 北三友会
  千葉会長、八木田副会長、宇治副会長、赤川副会長
  前川事務局、川島監事
  阿部北見部会長、只野釧路部会長
  小池旭川部会長、足立函館部会長
  大和田札幌副部会長、溝口青年部会長

 津島エックスロン会会長

 三晃金属工業㈱ 北海道支店
  雄鹿支店長、佐藤営業課長、坂口工事課長
計16名

image01

image02

千葉会長挨拶
「先般の60周年記念総会及び、沖縄の記念旅行と、皆様にはいろいろとご苦労をいただき、ありがとうございました。共に無事終了したことを安堵しているところであります。
記念誌については、沖縄旅行も掲載したいので発刊が少し遅れますが、現在作業中なのでもうしばらくお待ちください。
今年1年もとにかく無事故、無災害で行きたいと思っております。例年通り各地安全パトロールを実施する予定でおりますので、おじゃました際はご協力のほどよろしくお願いいたします。

議長選出 足立函館部会長

議題
イ)平成31年度中間事業経過報告 赤川副会長、宇治副会長
ロ)総会支出入内訳 前川事務局
ハ)会員の動向 前川事務局   入会 賛助会員 片桐機械㈱ 1社
二)第60回定時総会反省
ホ)各部会報告  各部会長
(釧路部会)
現在大型物件が進行中であり、帯広からも応援をいただいている。6月から本格的に動き出すと職方の人数が不足するので、各地応援をお願いします。
(函館部会)今のところほとんど先が見えていない状況なので、各地に応援にいきたい。
(旭川部会)本州派遣の部隊は4月末に帰って来る。現在進行中の工事も5月末頃には完了予定でその後の工事は見えていない状況です。今年も部会の安全大会を実施します。
(帯広部会)今現在は暇な状態。5月末か6月には動き出しそうだ。
      今年は釧路が忙しそうなので、空きがあれば少しでも応援したい。
      部会の安全大会を今年も実施する予定です。
(北見部会)1月から大阪に派遣していた部隊も3月末に無事戻ってきました。
      今年も、農業、漁港関係で例年並みの仕事はあると聞いている。
(札幌部会)60周年記念旅行は大変楽しかったと会員から高評価をいただきました。
      現在はあまり現場が無く暇な状態ですが、今後会員皆にまんべんなく仕事がわたるようになる事を期待している。
チ)青年部会報告
   溝口青年部会長
    30年度に新入会員が5名、先の総会で2名が卒業されたので、今年度は33名でやっていく。
    役員改選では全員留任となりました。5年後には10名が卒業してしまうので、増員に協力をお願いします。3月の九州研修は無事終了し、6月14日には全国連合会の青年部総会が札幌で予定されている。
リ)エックスロン会報告
   津島エックスロン会会長
    6月26日の安全大会の後に総会を行うことがきまっている。
ヌ)その他  来年(令和2年)の61回総会を3月10・11日函館で開催したい。(ホテルは仮押さえ済)

懇談会
 千葉会長挨拶
  「雄鹿新支店長以下新体制の北海道支店に対し北三友会は万全の態勢で協力をして行きます。
   ALL北海道で令和元年を共に勝ち組になるよう頑張って行きましょう。」

 雄鹿北海道支店長、各課長挨拶
  「北海道支店は昨年よりも10%程度予算を下げたが、なんとか昨年並みを目標としたい。
   全国的には今年も好調を継続できそうな感じ。昨年に続き今年1年も無事故、無災害で行きたい。」
  「今週からハイタフ研修が始まり、79名が受講する。名古屋支店等で職方が不足しているので、少しでもこの方々に応援の協力をお願いしたい。」
  「物件的には出足が遅いが、年間を通して見るとほぼ例年並みには行くのではないか。取りこぼしの無いように頑張っていきたい。全社的に型売りにも力を入れているので、会員皆様のご協力もお願いします。」
懇親会 午後6:00より同ホテルにて。

以上

北三友会 創立第60周年記念旅行

 北三友会は「創立60周年記念旅行」を記念して平成31年4月17日(水)~20日(土)の3泊4日で沖縄旅行を実施しました。参加者数は会員、その家族、従業員及び来賓を含め総勢59名を数えました。
 期間中は天候に恵まれ、観光組は「美ら海水族館」「宇古利オーシャンタワー」「オリオンビール工場」等を観光し、ゴルフ組は「かねひで喜瀬カントリークラブ」「琉球ゴルフ倶楽部」にてプレーを楽しみました。
また、「大家(うふや)/しゃぶしゃぶ」と「JALシティ那覇ホテル宴会場」に於いて2回夕食会を行い、今後のますますの会の発展と、安全を祈念し、会員相互の懇親を深め合いました。

以上 赤川政男

image001

image003

image005

image01

image008

image009

image010

image011

image012

image013

image014

image015

image007