令和1年度 三晃金属工業(株)北海道支店 安全大会

令和1年度 三晃金属工業(株)北海道支店 安全大会を開催

三晃金属工業(株)北海道支店・北三友会

 三晃金属工業(株)北海道支店安全大会が6月26日ANAクラウンプラザホテル札幌に於いて開催されました。今年度のスローガンは、『まあいいか!慣れと過信は危険の芽 基本を守ってゼロ災害』のスローガンを基に安全第一主義の徹底と安全施工活動の推進で取り組む。今年度就任された雄鹿浩之北海道支店長からは「北海道支店前年期の災害発生は240件の現場が休業災害ゼロ、不休災害ゼロだった。北海道特有の秋から冬にかけての繁忙期、雪が降る冬季の作業中も災害が無く、立派な結果になった。今後も無事故無災害を継続するべく月に一度の安全パトロール・北三友会・青年部会合同パトロールの継続現場の状況は、日々変化していく。現場に入る方は不安全なところが有れば、直ぐに是正する事、切創手袋の着用、熱中症対策、自分で出来る対策を行い、安全に作業を行って頂きたい」と、挨拶した。
北三友会千葉会長は、「前期は無事故無災害を達成する事ができ有難うございました。全国三友会の活動の中で安全関係の活動が最も重要で、墜落転落災害の防止着工前の事前打ち合わせと送り出し教育の徹底。近年異常気象が続き北海道でも安心できなくなっている。前期 全国の労働災害の6割が熱中症なので、十分に気を付けてほしい」と、語った。本社技術本部工事統括部長 眞子氏より、「今年度が始まってからの三か月、全国で2件の休業災害が発生している。スポット業者作業員の災害が多いので、送り出し教育を徹底させる。熱中症に対する具体的な対策として、休憩時間を短くし回数を増やす。給水場を屋根上に設けるなど講じてほしい。労災の未報告、労災隠しは犯罪になるので、必ず報告するよう」と、語った。
この後、優良施工店5社・ルーフマイスター5名の施工評価制度表彰。坂口安全衛生福委員長の安全衛生管理方針。北三友会八木田安全委員長から、令和1年度活動計画の報告。 安全講話は札建工業(株)特別顧問 五十嵐敏明氏様より、「建設業におけるコンプライアンスについて」を、お話し頂き、安全大会参加者代表 北海道支店 梁川拓未氏が安全の誓いを述べ安全大会を終了した。

image01
<雄鹿浩之     <北三友会     <眞子康典
  北海道支店長>   千葉重治会長>   工事統括部長>

image02
 <施工評価制度表彰>  <札建工業(株)五十嵐敏明特別顧問>

<令和1年度下期 ルーフマイスター表彰>
札幌 大和田直人 (株)ダイルーフ
旭川 秋谷 勉 (有)秋谷
函館 小宮 福次 (有)足立板金工作所
札幌 中村 豊 (株)コバエンジニア
釧路 依田 雄介 (有)只野板金工業所
<令和1年度下期優良施工店表彰>
札幌 (株)谷板金工業 谷 正一
旭川 (有)宇治板金工業所 宇治 秀雄
北見 (株)松浦板金工業所 富樫 伊知郎
帯広 (株)赤川板金 赤川 政男
函館 藤村板金工業所 藤村 出

北三友会合同安全パトロール【北見】

日時 令和1年 6月10日(月)
場所 常呂漁業協同組合水産基盤整備事業荷捌施設
元請 丸田組
概要 屋根: エックスロン防水 2,400㎡
   外壁: 角スパン      390㎡

施工班  北晃板金(有)

参加者
 三晃金属工業(株) 北海道支店
   雄鹿支店長、坂口工事課長、宗像所長、鈴木主任

 北三友会
   千葉会長、八木田安全委員長、溝口青年部会長、
   米田会計、阿部部会長、
   北晃板金(有)、(株)松浦板金工業所、北海鋼機(株)、
   (株)海田鋼材、(有)武山建築板金工業所

image01

所見
 今期1回目の合同パトロールは北見地区、常呂漁協です。屋根エックスロン作業は、ほぼ完了しておりカットエッヂシーラントを塗布する作業を残すのみと、なっておりました。職長から工期が1か月半と短い期間であり、海のすぐ横のため風が何時も強く、海風の塩分で癒着しづらく癒着時の清掃に手間がかかったが、何とか無事故で完了する見込みが立ちましたと話していました。パトロール後の報告として1面の足場が残っているが、屋根上に渡る際足場に隙間があるので転落防止ネットで是正する事、これから北海道も気温が高くなるので、熱中症に気を付けて作業する事を、お願いして終了。

ご安全に