北三友会安全パトロ-ル 帯広部会

日  時 平成23年8月23日
場  所 帯広川下水終末処理場反応タンク屋根更新工事  元請 市川・小甲・
     北のハウスJV
北三友会 千葉会長、佐藤副会長、赤川部会長、大西、高島、ホ-ノキ重機、
     北海道ニスコ販売、
三晃金属 橋本支店長、宮崎工事G長、峰尾所長、坂東、濱方、
概  況 A号瓦棒葺替4,418㎡、 既設瓦棒鉄板撤去、木毛板・A号瓦棒葺き
     一連の流れを工区分けで作業中        赤川・大西板金施工5人

img100823_1
sp

img100823_2 瓦棒鉄板や下地C鋼が腐食しておりC鋼の補強工事を行う。右写真は、軒先C鋼が腐食して欠けており、鉄工が腐食した鋼材をガスで切断し、C鋼の溶接作業の補強工事を行っていた。(上の写真)
 換気扇廻り鉄板も腐食しており穴があいている状況。安全ネットや床上養生が施されているが、危険と隣り合わせの建設現場でした。
sp
img100823_3img100823_4img100823_5
   廃材の仮置き       換気扇廻りの腐食穴     パトロ-ル者
sp

 パトロ-ル反省会で、昇降用梯子・危険場所の立入り禁止措置・親綱の設置などの安全設備の改善を元請に要請し、安全作業の厳守を作業員全員に周知した。過去に安全ネットの隙間から転落した事例があり、既設鉄板撤去や走行時に安全ネットの仮設状況確認が必要と感じた。過去の災害事例のほとんどが、馴れやウッカリ等の人的ミスが要因でパトロ-ル時に全作業員に安全啓発を図ることにしている。仕事中で作業員も疲れていると思うが、一時の安全講話は作業員の意識向上に繋がり、災害防止に役立つものと信じる。そして事業主が毎朝の送り出しで「ご安全に!」と声掛けを期待したい。

以上

北三友会安全パトロ-ル 旭川部会

日  時 平成23年8月10日
場  所 ホクレン包材軽袋工場(妹背牛町)        元請 中山組
北三友会 千葉会長、佐藤・大舘副会長、田中部会長、宇治、渋谷、松嶋、
     北海道ニスコ販売、北海鋼機、日鉄住金鋼板、
三晃金属 橋本支店長、宮崎工事G長、坂口所長、畑中、
概  要 エックスロン防水1,656㎡ 外壁イソバンド1,555㎡
     エックスロンは完了、外壁イソバンドを2班で施工   宇治板金施工17人
img100810_1
sp
img100810_2
 工事着工の遅れと建設地が狭小から現場内は錯綜していた。
外壁イソバンドも数箇所に分かれて施工していたが、検討会でイソバンドの落下に伴う災害が指摘された。北三友会は、今年度から2丁掛け安全帯を標準装備としたが、徹底されていなかった。

 安全対策以上に気になったのは、品質管理。ハイタフ防水屋根でイソバンドの切断が満足な養生がされずに施工していた。
sp
img100810_3img100810_4
sp

img100810_5
 シ-ト防水に比べエックスロン防水の融着技術は難しいものがある。性質が異なる鋼板とシ-ト、夫々の特性を認識して最良の条件で融着して始めて満足できる製品となる。表面は融着しているように見えても、引っ張り試験で融着不良を発見し、何度も融着を繰返す職人の姿が講習会の現実です。
 ハイタフ有資格者を対象にエックスロン技能試験を行った東北支店ライセンス講習会が理想の技能試験。恥じることない北海道の融着技術を求めたい。

以上

北三友会安全パトロ-ル 札幌部会

日  時 平成23年8月1日
場  所 王子製紙㈱苫小牧工場 NUKP外販強化対策工事  元請三井住友建設㈱
北三友会 千葉会長、佐藤副会長
三晃金属 宮崎工事G長、中村行M、横山、永井、
概  況 折板Wパック490㎡、角波650㎡         施工千葉板金工業6人
折板Wパック完了、外壁工事50% 苫小牧の天候は曇り空で微風、絶好な作業条件下。
sp
img100801_1img100801_2
 元請の安全対策以上に王子製紙工場の安全衛生対策がしっかりしており、足場組立、整理整頓を始め
仮養生や作業時の安全帯使用などが徹底していた。短い時間ではあったが、全作業員を集め品質と安全についてミ-ティングを行う。
sp
熱中症と対策
 「熱中症」とは、高温多湿作業場等で、体内の水分と塩分のバランスが崩れたり、血液の循環や体温等を調整する機能がうまくいかなくなって発症する障害の総称。めまいや失神、筋肉痛や筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、意識障害、けいれん、手足の運動失調、高体温などさまざまな症状があらわれます。政府は最高気温が概ね35℃以上になると「高温注意情報」を発表し熱中症の注意を呼びかけています。昨年は熱中症による死亡災害が33人の内建設業が13人と最も死亡災害が多い業種となっています。北海道でも1件の死亡災害が発生しています。
sp
「熱中症にならなかった事例」
①こまめな休憩
②朝食の際に塩分を摂る
③休憩時間に必ず飲料水を摂る
④休憩時間は長め
⑤昼に下着を替える
⑥人数を増やす
⑦しっかりと睡眠をとる
⑧深酒をしない
⑨扇風機付き作業着を着るなど、予防と対策だけでなく自らが熱中症にかからない努力が必要。
sp
「予防用品」
送風機付き遮熱保護帽、冷却用バンド、保冷剤入りベスト、電動ファン付きウェア、個人用冷却器
OS-1(オーエスワン)@200円薬局販売 中等度までの脱水ケアに適した経口補水液。スポ-ツドリンクでは補えない脱水ケアに適している製品。
sp
 工程会議で熱中症対策の説明があった。道内も温暖化の影響か暑い日が続き、体調を崩す作業員もいると思うが熱中症に掛かる者は少ないと思う。但し、施工班の中には福岡や仙台で作業をしている者もおり派遣先での熱中症が心配の毎日。気温が35、6度の日が続き、現場は工程や品質よりも暑さ対策が重要課題との報告を得ている。平成19年夏に道内施工班の作業員が広島で熱中症になり、本州パトロ-ルを行ったが道内で経験したことがない瀬戸内海特有の高温多湿を経験した。諺に「見えなければ、思うことがない」との言葉があるが、道内の施工班も他人事ではない。北海道の建設事情を考えると、夏場の本州派遣が来年にも依頼があるかもしれない。特にシート防水が関西地区で多くなり、青森の施工班が大分から名古屋へ、福岡が北海道の施工班と防水施工班が不足傾向、更に東北大震災の復興作業が今後本格化すれば絶対的な職人不足が生じる。これまで、冬期間の仕事が無い時期に本州各地の応援に行っていた道内板金業界も季節を問わずに本州各地に進出する時代の変り目に来ているかもしれない。その日の来ることを準備して「熱中症」の理解と対策を今から講ずる必要があると考えます。          佐藤