カテゴリー別アーカイブ: 09年安全パトロール報告書

令和元3年度 北三友会全体役員会(下期)報告書

日時 令和3年11月4日(木) PM2:00~
場所 ホテルニューオータニイン札幌
出席者 (北三友会)
千葉会長、八木田副会長、宇治副会長、赤川副会長
津島エックスロン会会長、前川事務局
阿部北見部会長、只野釧路部会長
小池旭川部会長、足立函館部会長
谷 札幌部会長、大和田青年部会長
(三晃金属工業㈱)
本社 技術本部工事総括部 眞子部長
北海道支店 雄鹿支店長、佐藤営業課長、片岡総括課主任
計16名

千葉会長挨拶

「2年ぶりの全体役員会となります、皆様御久し振りです。まず、今年1年も北三友会は、無事故、無災害で来ております事皆様に感謝いたします。
現在、各地域三友会はほとんどの活動を従来の形に戻しつつあります。従いまして北三友会としても本日の役員会を含め、全ての事業、行事、活動を再開して行きたいと思います。
帯広、北見部会ではすでに安全パトロール、工程会議、周知会が終わっています。
今後ほかの部会においても随時行っていくのでよろしくお願いいたします。
今後とも無事故、無災害で良い新年を迎えることが出来ますよう各会員末端までの周知徹底をお願いします。」と述べた。

議題

イ)令和4年度第63回定時総会概略説明 ㈱栗林商会栗林トラベル・サポート 田辺氏
第63回定時総会は令和4年3月8日(火)
札幌市内 ホテルニューオータニインにて行うことが了承された。
今回は定山渓温泉については、会場の確保が困難な事と、新型コロナウィルス感染防止上からも、通常時よりもコンパクトな形で実施する。又、総会翌日に行われていた青年部総会も当日の定時総会の前に行う。時間については、来賓のタイムスケジュールを考慮し、詳細を決定する。

ロ)令和3年度中間事業経過報告  赤川副会長、宇治副会長
諸活動についてほとんどが中止、もしくは書面議決。連合会会議は全てWEB会議であった。
共済会配当金については、直接手渡しする機会がないので、今回に限定し、次回の共済会費請求金額より相殺する。

ハ)令和3年度中間会計経過報告  前川事務局

ニ)会員の動向 前川事務局   入会 (株)屋根のナミキ、
脱会 ㈲段坂板金工業、佐藤板金、花板金工業

ホ)令和4年度事業計画案報告  赤川副会長
事業計画については会長挨拶にもあった通り、基本全て通常期の活動に戻し実施する。
但し、新型コロナウィルス感染状況の悪化見られた場合その都度三役会議にて協議する。

へ)令和4年度会計予算案報告  前川事務局
ほぼ2年間に渡り、事業活動が休止されていたため、繰越金が膨らんだ。来年度の会費についても徴収しなくても良いのではという意見もあったが、全ての活動を再開する事からも年会費を徴収する(但し、金額については半額程度に減額する)

ト)各部会報告  各部会長
釧路、函館部会を除き他の部会は概ね繁忙のさなかにある。特に札幌部会は非常事態となっているので、余力のある部会は是非応援を賜りたい。

チ)青年部会報告  大和田青年部会長
今期より前溝口会長に代わり大和田氏が新会長となった。新型コロナウィルスの影響で活動が制限されていたが、今後現場視察研修などを計画中である。

リ)エックスロン会報告  津島エックスロン会会長
新型コロナウィルスの影響でほとんど活動ができていない。来期は予定通りの活動を再開する予定である。

ヌ)その他
この度、長年に渡り会の発展にご尽力頂いた、㈲段坂板金工業社長が退会されるので、次回総会にて、感謝状を送呈する事を了解いただきたい。

懇談会

千葉会長挨拶
雄鹿北海道支店長
「三晃の概況は全体として期首予算よりプラスで推移している。北海道も概ね好況である。また本年は現在まで、無事故、無災害で推移しており、ぜひ皆様のご協力により継続して
頂きたい。現在札幌地区の現場が輻輳しており、ぜひ他地区からの応援をお願いしたい。

本社工事総括部 眞子部長
当地区は現在非常に忙しい状況にあることは聞いている。これから冬季に入り厳しい環境となって行くが、管理する我々社員も然りであるが、皆様方におかれても 今一度安全と品質管理についてお願いしたい、

懇談では、特にダンドリワーク、SC-5やKYの利用、報告について現材の状況や、要望について話合われた。

懇親会

PM5:00より同ホテルにて会食(弁当)した。

以上 文責 赤川政男

平成31年度 北三友会部会長以上役員会(上期)報告書

日時 平成31年4月24日(水)午後4:00~
場所 ANAクラウンプラザホテル札幌
出席者
 北三友会
  千葉会長、八木田副会長、宇治副会長、赤川副会長
  前川事務局、川島監事
  阿部北見部会長、只野釧路部会長
  小池旭川部会長、足立函館部会長
  大和田札幌副部会長、溝口青年部会長

 津島エックスロン会会長

 三晃金属工業㈱ 北海道支店
  雄鹿支店長、佐藤営業課長、坂口工事課長
計16名

image01

image02

千葉会長挨拶
「先般の60周年記念総会及び、沖縄の記念旅行と、皆様にはいろいろとご苦労をいただき、ありがとうございました。共に無事終了したことを安堵しているところであります。
記念誌については、沖縄旅行も掲載したいので発刊が少し遅れますが、現在作業中なのでもうしばらくお待ちください。
今年1年もとにかく無事故、無災害で行きたいと思っております。例年通り各地安全パトロールを実施する予定でおりますので、おじゃました際はご協力のほどよろしくお願いいたします。

議長選出 足立函館部会長

議題
イ)平成31年度中間事業経過報告 赤川副会長、宇治副会長
ロ)総会支出入内訳 前川事務局
ハ)会員の動向 前川事務局   入会 賛助会員 片桐機械㈱ 1社
二)第60回定時総会反省
ホ)各部会報告  各部会長
(釧路部会)
現在大型物件が進行中であり、帯広からも応援をいただいている。6月から本格的に動き出すと職方の人数が不足するので、各地応援をお願いします。
(函館部会)今のところほとんど先が見えていない状況なので、各地に応援にいきたい。
(旭川部会)本州派遣の部隊は4月末に帰って来る。現在進行中の工事も5月末頃には完了予定でその後の工事は見えていない状況です。今年も部会の安全大会を実施します。
(帯広部会)今現在は暇な状態。5月末か6月には動き出しそうだ。
      今年は釧路が忙しそうなので、空きがあれば少しでも応援したい。
      部会の安全大会を今年も実施する予定です。
(北見部会)1月から大阪に派遣していた部隊も3月末に無事戻ってきました。
      今年も、農業、漁港関係で例年並みの仕事はあると聞いている。
(札幌部会)60周年記念旅行は大変楽しかったと会員から高評価をいただきました。
      現在はあまり現場が無く暇な状態ですが、今後会員皆にまんべんなく仕事がわたるようになる事を期待している。
チ)青年部会報告
   溝口青年部会長
    30年度に新入会員が5名、先の総会で2名が卒業されたので、今年度は33名でやっていく。
    役員改選では全員留任となりました。5年後には10名が卒業してしまうので、増員に協力をお願いします。3月の九州研修は無事終了し、6月14日には全国連合会の青年部総会が札幌で予定されている。
リ)エックスロン会報告
   津島エックスロン会会長
    6月26日の安全大会の後に総会を行うことがきまっている。
ヌ)その他  来年(令和2年)の61回総会を3月10・11日函館で開催したい。(ホテルは仮押さえ済)

懇談会
 千葉会長挨拶
  「雄鹿新支店長以下新体制の北海道支店に対し北三友会は万全の態勢で協力をして行きます。
   ALL北海道で令和元年を共に勝ち組になるよう頑張って行きましょう。」

 雄鹿北海道支店長、各課長挨拶
  「北海道支店は昨年よりも10%程度予算を下げたが、なんとか昨年並みを目標としたい。
   全国的には今年も好調を継続できそうな感じ。昨年に続き今年1年も無事故、無災害で行きたい。」
  「今週からハイタフ研修が始まり、79名が受講する。名古屋支店等で職方が不足しているので、少しでもこの方々に応援の協力をお願いしたい。」
  「物件的には出足が遅いが、年間を通して見るとほぼ例年並みには行くのではないか。取りこぼしの無いように頑張っていきたい。全社的に型売りにも力を入れているので、会員皆様のご協力もお願いします。」
懇親会 午後6:00より同ホテルにて。

以上

北三友会合同安全パトロール【函館】

日時 平成27年9月10日(木)
場所 北海道新幹線 函館総合車両基地車体検修場外2棟新築工事 汚物タンク処理場
元請 鹿島建設主体 共同企業体
概要 屋根 エックスロン 250㎡
施工班 (有)足立板金工作所、渡辺板金工業
参加者 三晃金属工業  坂口G長、寺林所長、畑中所員、中村(真)所員、
  北三友会 千葉会長、八木田安全委員長、溝口青年部会長、(有)足立板金工作所、渡辺板金工業、北海道ニスコ販売(株)、(株)ヤマキ小林、(株)北日本ダイエイ、片山鉄建(株)、

image01

所見
 今期6回目のパトロールは函館です。当日は別途外壁工事が完了してからの屋根工事となるため、作業はしていませんでしたが現場内パトロールを行いました。場内は、ほぼ仕上がっており足場設備や資材なども整理整頓されていました。パトロール後会員からの指摘などは特にありませんでしたが新幹線車両基地関連の工事も足掛け5年となり無事故・無災害でここまで来ることができ、あと少しで工事完了となります。最後まで気を抜かず安全第一での作業をお願いして終了した。

ご安全に